地元に愛され、地域とともに歩むお店作りを応援します!



目的

 

  1. スーパーマーケットは、地元には欠かせない『地域の「社会のインフラ」』であることを顧客に再認識してもらい、各社が取り組んでいる「お店作り」や「地域貢献・社会貢献」等の取り組みを応援するため、「スーパーマーケットGood Action Initiatives」を認定することで、各社のブランディングの向上に寄与します。
  2. スーパーマーケットトレードショーにおいて、事例を共有し、相互に学び合うことで、業界としてのスタンダードの向上に寄与します。

 

活動内容

全国からエントリーされたスーパーマーケットのうち、認定委員会で選ばれた企業の取り組み(事例)に「スーパーマーケットGood Action Initiatives」認定マークを進呈します。
また認定された事例の中で優れた事例を、年1回、約数万人が来場するスーパーマーケットトレードショーで発表いただき、自社の取組みやそれに込めた想いを発表し、来場者による投票により「共感大賞」を決定します。
それにより、業界で働いている全ての人が誇りと自信を持てる機会を目指します。

 

「スーパーマーケットGood Action Initiatives共感大賞」

スーパーマーケットトレードショー来場者に投票券を1枚配布し、「スーパーマーケットGood Action Initiatives」発表会の会場で、プレゼンテーションを聞き、「最も共感する」取り組みに投票していただく予定です。

主催:スーパーマーケットGood Action Initiatives実行委員会
運営:淑徳大学地域連携センター、弥蔵舎株式会社、株式会社カラーコード
協力:一般社団法人ジャパンチャレンジャープロジェクト

PAGE TOP